ビマトアイドロップス(Bimat Eye Drops)の副作用

  

 

副作用1

・塗ってからしばらくの間、目の見え方に影響することがあります。

 

事例1

ビマトアイドロップスを塗った後、光がまぶしく感じる感覚があったが、10分程度で元に戻った。
塗ってしばらくの間、いつも視界に少し違和感があり、少したつと治る。それほど気にはならない程度だ。

 

 

副作用2

・まぶたの周りに赤みのある色素沈着が出る場合ああります。

 

事例2

泣いた後みたいな赤みが、特に朝起きた時にまぶたに出ている。
でも顔を洗ってお化粧したらほとんど誰も気がつかないレベル。
上下両方のまぶたに、多少色素沈着した気がする。
でもその分マツ毛がフサフサになったので、そこがちょうど隠れて気にならない。

 

 

副作用3

・まぶたにかゆみを感じることがあります。

 

事例3

ビマトアイドロップスを塗った数分後に、目の周り全体的に花粉症の時みたいなカユミをいつも感じる。
でも、こすらずそっとしておけば、次第に治まって、日中はなんでもありません。

 

 

ビマトアイドロップス(Bimat Eye Drops)の注意事項

 

ビマトアイドロップスはお薬なので、病気、特に眼病のある時には絶対に使用しないでください。

 

開封した後は、高温の場所を避けて保存し、30日以内に必ず使い切ってください。

 

ごく稀に、目の色の変化(虹彩の色素沈着)が起こることがあります。
目の色の変化を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談して下さい。

 

 


HOME 購入 どんな商品? 口コミ 副作用 成分